スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)

 宇都宮地検は足利事件再審公判の無罪判決言い渡しを受けて26日午前、上訴権放棄を申し立て、宇都宮地裁が受理した。菅家利和(63)さんの無罪が確定した。

【関連記事 足利事件再審】
菅家さんに無罪判決
傍聴券配布に1513人が列
裁判長が菅家さんに謝罪
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
裁判所の証拠検討より慎重に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<中国毒ギョーザ>「殺虫剤3回混入」…詳細供述で逮捕(毎日新聞)
<訃報>松原義治さん84歳=近畿大名誉教授(毎日新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し−名古屋国税局が告発(時事通信)
名古屋市の責任認める=「事故は予見可能」−火災現場で崩落、消防士死亡・地裁(時事通信)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)

JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故をめぐり、JR西日本の歴代3社長の強制起訴が26日、決まった。乗客106人の命を奪った事故から間もなく5年。遺族が求め続けた真相解明への重い扉がようやく開いた。一方、「刑事責任は免れない」と判断を下されたJR西側は「真摯に受け止める」と頭を下げた。

 審査を申し立てた遺族らは神戸第1検察審査会の議決内容を評価するとともに、今後、神戸地裁で行われることになる公判に期待を寄せた。

 次男の昌毅さん=当時(18)=を亡くした上田弘志さん(55)=神戸市北区=は午後6時過ぎに神戸地裁に駆けつけ、議決要旨が張り出された掲示板を食い入るように見つめた。目からは涙があふれ、昌毅さんの遺影を掲示板に近づけては何度も読み返した。

 自宅で弁護士から議決を聞いた上田さんは、昌毅さんに「一緒に行こうね」と声をかけ、遺影をかばんにしのばせた。「息子と一緒に確かめたかった。自分の目で確かめられてよかった」と目をうるませ、「審査会も遺族の思いを理解してくれた。裁判で有罪判決が出たかのような気持ち」と議決を評価した。

 母と叔母を亡くし、自らも重傷を負った浅野奈穂さん(37)は、被害者の前に姿を見せなかった元相談役の井手正敬氏(74)について「これで逃げ場がなくなり、彼の言葉が聞ける」。

 一方で、浅野さんは「裁判で目の前にしたら悔しさが込み上げたり、別の感情が生まれたりしてしんどいと思う」とも話した。

 一方、JR西日本の佐々木隆之社長(63)は26日夕、大阪市北区の本社で記者会見。「(起訴)議決を重く受け止めている」と述べ、遺族や負傷者らに改めて謝罪した。

 佐々木社長は会見の冒頭で謝罪した後、「弊社の経営を担ってきた者に対し、このような判断がなされた事実を真摯に受け止めなければならない」と一気に言葉を続け、深々と頭を下げた。

 ■池田良彦東海大教授(刑事過失責任論)の話

 「検察審査会が被害者感情を重視するのは当然だが、法律論との間には埋めがたいギャップがある。3人が、『犯罪者』として結果回避義務を怠ったとの責任まで問うのは難しいのではないか。ただ、現状では事故被害者へのサポート体制は不十分で、感情をぶつける先が刑事裁判しかないという面もある。国は被害者救済の充実に取り組む必要がある」

【関連記事】
「最高責任者の責任」めぐり検察と検審に相違 JR西歴代3社長起訴議決
起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」 JR福知山線事故
「必要な協力していきたい」JR西の起訴議決で神戸地検次席
強制起訴に「2つの壁」 JR福知山線脱線事故で検審議決
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩

<茨城死体遺棄>容疑の男2人を逮捕 交際巡りトラブル(毎日新聞)
国際ジャーナリストの大森実氏が死去(時事通信)
「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)
郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)
レンタル期限の神戸のパンダ、中国と交渉大詰め(読売新聞)

医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月25日、「医薬品・医療機器等対策部会」(部会長=外須美夫・九大大学院医学研究院教授)の第18回会合を開き、医薬品・医療機器の「ヒヤリ・ハット事例」などの収集結果を基に、安全対策について意見を交わした。委員からは、薬剤間違いが頻繁に報告されている事例について、別の薬を採用して事故を防ぐなど、各医療機関が責任を持って対応する必要性が指摘された。

 この日の会合では、日本医療機能評価機構が昨年6、9月に公表した「ヒヤリ・ハット事例」などについて、医薬品医療機器総合機構が安全管理対策に関して調査・検討した結果をまとめた資料が提出され、それに基づいて議論した。

 資料では、医薬品関連の201事例と医療機器関連の91事例を、▽安全使用に関して製造販売業者等による対策が必要または可能と考えられた事例▽製造販売業者等により既に対策が取られているか対策を既に検討中の事例▽ヒューマンエラーやヒューマンファクターに起因すると考えられた事例▽情報不足などのため製造販売業者による対策が困難と考えられた事例―に4分類した。医薬品では、それぞれ3件(1.5%)、5件(2.5%)、157件(78.1%)、36件(17.9%)だった。

 「製造販売業者等による対策が必要または可能と考えられた事例」の3件はすべて、厚労省が2003年から名称が似ているとして注意喚起を行っていた、高血圧症・狭心症治療薬ノルバスクと乳がん治療薬ノルバデックスの薬剤間違いだった。

 これについて土屋文人委員(東京医科歯科大歯学部附属病院薬剤部長)は、「例えばノルバスクは併売品も後発品もある。これだけ事故が続き、注意喚起が出されていながら、採用する薬剤を変えずに事故が起きた場合は、その医療機関の薬事委員会が責任を問われる可能性もある」などと指摘し、医療機関側の適切な対応の必要性を強調した。
 北澤京子委員(日経BP社日経メディカル編集委員)は、3件のうち1件が高血圧症の男性患者への乳がん治療薬の誤処方であったことについて、「薬剤師が患者に説明していれば防げたかもしれない」などとして、「患者も医療ミスの防止に関与できる余地があるのでは」と述べた。
 これに対し厚労省側は、患者への情報提供について、「厳しい義務を負わせるようなことは避けたいが、患者の協力により防ぎ得る事故もあるため、対応を考えていきたい」と述べた。


【関連記事】
医療事故報告、過去最多のペース
薬局のヒヤリ・ハット事例で初の集計報告
取り違え防止のために医薬品名称変更を
「医療事故」「ヒヤリ・ハット」とも増加
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果

同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」−佐賀地裁(時事通信)
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死(産経新聞)
国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
「駆け込み人事」防げ、省庁幹部人事を凍結(読売新聞)
九州北部に強風被害、北九州市で1人死亡(読売新聞)

現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)の鳳凰(ほうおう)堂にある国宝の「仏後壁」に描かれた平安時代の障壁画にある舞楽の演目が、慶祝の行事で演じられる「延喜楽(えんぎらく)」だったことが近赤外線画像撮影による調査でわかり、平等院が24日発表した。平等院によると、平安時代中後期の舞楽の動きが、演目を特定できるほど詳細に確認されたのは初めてという。

 仏後壁は平安時代中期(11世紀中ごろ)の作品と推定され、幅約3・7メートル、高さ約3・4メートル。計11枚で構成。左から4枚目に、舞楽が描かれた絵としては、現存する最古の例とみられる描写があり、襲装束(かさねしょうぞく)、鳥兜(とりかぶと)などをまとった4人の舞人が縦約20センチ、横約40センチ四方に描かれていた。しかし、色あせ剥落(はくらく)した部分もあった。

 近赤外線画像は、本堂の平成の大修理に伴う調査で撮影。舞人が右足を踏み込んでいたり、両手を広げて腕を上下に揺らしたりするしぐさが、下絵線などで浮かび上がり昨年11月、専門家らの調査で延喜楽の一場面であることが判明した。

 延喜楽は平安時代前期の官人で「楽道長」とも称された藤原一族の藤原忠房が作曲。絵に描かれた動作は、現代でも忠実に受け継がれているという。

 仏教大学宗教文化ミュージアムの斉藤利彦ポストドクター(日本芸能史)は「平安時代の舞楽の所作を知ることができ感銘を受けた。舞楽研究や古代芸能史を大きく進展させると考えられる」と話している。

【関連記事】
夏目漱石の未公開書簡公開 京都・平等院で初展示
極楽往生願い、拝む女性鮮やかに 平等院、国宝「日想観」復元図を公開
世界遺産・平等院でライトアップ 京都・宇治
海龍王寺・五重小塔に希少な朱顔料 天平創建期は色鮮やか?
「一遍聖絵」巻第七の精巧模写は「引き写し」の技法
あれから、15年 地下鉄サリン事件

大イチョウの再生祈願=1000人集まり神事−鶴岡八幡宮(時事通信)
<トキ9羽死>夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター(毎日新聞)
強風で線路に布団や洗濯物が次々落下、計約1万9200人に影響 JR阪和線と関西線(産経新聞)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)
<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)

同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は19日午前の閣議後の記者会見で、国会同意人事の決定手続きについて「社民党としては切実な、大事な問題だ。どういうルールがいいのか今後も検討するし、首相官邸内でも検討してほしい。何らかの合意形成をしたい」と述べ、事前審査の復活などを改めて求める考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

北海道に賠償命令=「おとり捜査」訴訟−札幌地裁(時事通信)
<国民新党>非正規雇用減少へ優遇税制を 自見幹事長(毎日新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
通天閣ロボ 大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判−東京地裁(時事通信)

サンゴ500キロ北上…串本→千葉、奄美→長崎(読売新聞)

 和歌山県串本町や奄美諸島(鹿児島県)などで生息する熱帯性のサンゴ4種類が約100〜500キロ離れた千葉県館山市や長崎県・五島列島の周辺海域に北上していることが、国立環境研究所の山野博哉主任研究員と杉原薫・福岡大助教らの調査でわかった。

 地球温暖化による海水温の上昇が原因とみられる。近年、本州の海域で熱帯性のサンゴの確認が相次ぐことから、同研究所は長期の定点観測を行う計画で、サンゴ北上の実態解明を目指す。東京大で開かれている日本生態学会で17日、発表する。

 昨年まで約3年間の調査で、館山市ではこれまで串本町や静岡県・伊豆半島の海域で見られたエンタクミドリイシとミドリイシ属の一種を確認。五島列島では奄美諸島や熊本県天草市周辺海域のスギノキミドリイシやクシハダミドリイシが見つかった。

 山野主任研究員によると、館山市の周辺海域では2月の水温が1985年と比べ約1・5度上昇。冬でもエンタクミドリイシなどが生息できる水温13度を保っている。また五島列島周辺では、気象庁の観測で過去100年の平均海面水温が約1・2度上昇している。

 海水温が上昇すると、熱帯のサンゴの流入が増えるとともに、海藻や海藻を好む魚が減るなど、生態系や漁業に影響を与える可能性があるという。串本町でも90年代以降、黒潮に乗って運ばれた熱帯のサンゴ約20種類が定着していることがわかっている。

 広域での継続調査はなく、同研究所は数年以内に串本町や館山市など8か所の海域で、サンゴの生育状況や海水温の変化などの定点観測を始める計画だ。

 山野主任研究員は「海の生態系の異変を感じる。温暖化が原因なのか、生態系への影響などを含め調査する必要がある」と話す。

山形新幹線が運転見合わせ 常磐道も一部通行止め 震度5弱地震(産経新聞)
鳩山元総務相、自民党に離党届け(読売新聞)
<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告−東京都(時事通信)
民主、政調設置目指す会の世話人会が発足(産経新聞)

<iPS細胞>「腸」作成…「立体」は世界初…奈良県立医大(毎日新聞)

 さまざまな細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腸を作り出すことに、奈良県立医大(奈良県橿原市)の中島祥介(よしゆき)教授(消化器外科)らの研究グループがマウスを使った実験で成功した。これまでは平面的なシート状のものしかなかったが、管状の立体的な腸を作ったのは世界初という。患者本人の細胞から臓器を再生させ、拒絶反応なく体内に移植する再生医療や移植医療への応用が期待される。

 中島教授によると、マウスのiPS細胞をシャーレのふたの裏側に付着させ、重力に逆らって6日間培養。シャーレに移して培養を続けると、約7日後に管の形をした組織に変わり始め、2週間後には粘膜や筋肉の層などを備えた腸と同じ管状の組織に変化した。

 この組織は直径約2ミリ、長さ約5ミリ。腸に特有の「ぜん動運動」をしており、便のような老廃物を押し出そうとする動きも観察できた。小腸と大腸のどちらに当たるかは判別できないという。

 iPS細胞を巡っては、理化学研究所が大脳の立体構造を作ることには成功しているが、他の臓器は細胞シートまで。管状の臓器を作り出した例は世界的になかったという。

 中島教授は「今後は人への応用が課題。この技術を使って、腸が病気になるメカニズムを解明する研究にもつなげられる。小腸の移植は拒絶反応が激しく、合併症のない手術ができるようになるかもしれない」と話している。

 今月18、19日に広島市内で開かれる日本再生医療学会で発表する。【高瀬浩平】

【関連ニュース】
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
臓器提供施設:小児専門の28施設を追加へ 厚労省研究班
iPS細胞:遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功
iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復
心臓移植:改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ

歌詞をつぶやいたら利用料?(産経新聞)
仮免許失効者を路上教習…福島の教習所(読売新聞)
東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
<石原都知事>知事選出馬を示唆 「場合によってはやるよ」(毎日新聞)
目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)

仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)

 枝野幸男行政刷新担当相は3月9日、閣議後の記者会見で、事業仕分けの対象となる可能性が高い公益法人として、「医療機器センター」など50法人を公表した。

 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は同日から、「事業仕分け第2弾」の対象とする公益法人を選ぶため、所管官庁の実務担当者からヒアリングを開始している。枝野担当相は、ヒアリング対象の290法人のうち、特に国会審議などで問題視された50法人を公表。「原則として(仕分け対象になる)可能性は高い」と指摘した。50法人のうち、厚生労働省所管の法人は「日本食品衛生協会」「全国社会保険協会連合会」「医療機器センター」「安全衛生技術試験協会」の4つ。


【関連記事】
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相
規制・制度改革分科会に「驚きを禁じえない」−日医が見解
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議
事業仕分け終了、医療や介護は約20事業

核サミット出席の意向=4月訪米へ−鳩山首相(時事通信)
矢刺さったシカ死ぬ=肺を貫通−奈良・春日大社(時事通信)
菅副総理「信頼取り戻せる」 内閣支持率下落(産経新聞)
ベッカム夫妻も愛用!マクラーレン専門ベビーカー泥棒(スポーツ報知)
昨年衆院選、1票の格差「違憲」…福岡高裁(読売新聞)

絶縁体で電気信号伝達=パソコン8割省電力化も−電子の「スピン」使う・東北大など(時事通信)

 東北大金属材料研究所などの研究チームは、電流を通さない絶縁体を使って電気信号を伝達することに成功した。電子そのものが移動する電流ではなく、電子の自転(スピン)が次々に伝わる性質を利用する方法で、パソコンや携帯電話などに使われる集積回路サイズなら約8割の省エネが可能という。論文は11日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。
 通常の集積回路などは、金属や半導体に電流を流すことで電気信号を伝達する。しかし、電流が流れる際には金属などの内部抵抗による熱(ジュール熱)が生じ、エネルギーを失うため、素子の小型化や省電力化の妨げになっていた。
 同研究所の斉藤英治教授(物性物理学)らの研究チームは2006年、白金など一部の金属に電流を流すと、電子のスピンの方向が次々に変化して隣の電子に伝わる「スピン波」が生じたり、逆にスピン波が金属に電流を生じさせたりする現象を発見。この現象を利用して、電気信号を伝達することを考えた。
 研究チームは、「磁性ガーネット」という電流は通さないものの磁石の性質を帯びやすい絶縁体の両端に白金を取り付け、片方の白金に電流を流したところ、白金で生じたスピン波が絶縁体を伝わり、約1ミリ離れた先にあるもう片方の白金に電流が検出された。
 絶縁体そのものには電流が流れないため、ジュール熱はゼロ。伝達によるエネルギーの損失はごく小さく、集積回路クラスなら消費電力は約80%削減できる計算だという。斉藤教授は「絶縁体では電気信号を伝えられないという300年来の常識を覆す発見。省エネなどさまざまな応用が期待できる」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
住宅エコポイントを開始=省エネ配慮の新築・改修対象
有機物で新たな超伝導体=最高温度で電気抵抗ゼロ発現
住宅エコポイント、来月8日開始

<恐竜絶滅>1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
春の大雪、通勤の足直撃 仙台24センチ(河北新報)
<トラック>スーパーに突入…ATM狙う? 札幌(毎日新聞)

両親が元同級生らに賠償請求=中2女子「いじめで自殺」−岐阜(時事通信)

 2006年10月にいじめを苦に自殺したとされる岐阜県瑞浪市立の中学2年の女子生徒=当時(14)=の両親が4日、遺書に名前が記されていた元同級生4人とその両親に計約4900万円の損害賠償を求める訴訟を岐阜地裁多治見支部に起こした。
 訴状などによると、女子生徒は同年10月23日、同級生で同じバスケット部の4人の名前を挙げ、「これでお荷物が減るからね」「頑張ることに疲れました」などと書かれたメモを残し、自分の部屋で首をつって自殺した。
 これを受け、学校側は生徒たちにアンケート調査を実施、同月に記者会見し「100%いじめが原因だったと思う」などと認めていた。
 父親(47)は提訴の理由について、「3年間、敷居を低くして待っていたが、謝罪もなかった」などとしている。 

【関連ニュース】
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し
厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず?-NPO調査

ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)
年金追納期間を10年に延長、改正案を閣議決定(読売新聞)
<掘り出しニュース>人工アイスワイン、フルーティーで極甘 きょう発売(毎日新聞)
介護人材の確保策など説明―社会・援護局(医療介護CBニュース)
「つぶやく前に一旦停止を」 ツイッター議員の心得とは?(J-CASTニュース)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
携帯ホームページ
無料ホームページ
債務整理無料相談
債務整理 無料相談
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    カナ (08/28)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    へらちゅう (05/27)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    サキューン (12/28)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    パイン (12/11)
  • <土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM